株式会社ディノス・セシール様

「つぶやきデスク」では、多くの企業様にご利用いただいております。ご利用いただいている企業様の声を一部ご紹介します。



FacebookとTwitterの効果測定を細かく実施。

トラッキングコードをつぶやきデスクで設定。

つぶやきデスクを選んだ決め手

TwitterとFacebookでそれぞれ別のGoogle アナリティクスのトラッキングコードを自動で振り分けられるツールは、つぶやきデスクだけでした。料金もリーズナブルだったので採用しました。

こんなところが助かるつぶやきデスクの機能

毎日の投稿はつぶやきデスク経由。コメントやツイートを確認するのにも使っていますね。 ターゲットの異なる2つのTwitterアカウントを運用しているので、それぞれのアクティブな時間を分析し、狙って予約投稿をしています。

株式会社ディノス・セシール様のインタビュー記事は以下よりご覧いただけます。
ソーシャルメディアが当たり前の日常、カタログ通販のセシールがTwitter・Facebookを使う理由

ご担当者様


株式会社ディノス・セシール
セシール事業ディビジョン
ネット販売推進部
竹内 陽子氏


株式会社ディノス・セシール
セシール事業ディビジョン
ネット販売推進部 ユニットマネージャー
柴田 英幸氏

運用の目的
ソーシャルメディアはお客様が普段から使うツール。自分たちもお客様とつながり、商品に関連した情報を発信してブランド認知と想起率を上げ、そしてその先の購買にもつなげていきたいと考えています。またオウンドメディアの記事を拡散するツールとしても利用しています。
運用方式
ソーシャルメディアの運用は1人でかけられる時間は1日30分ほど。ネタはストックしつつ、その日の気候やトレンドに合わせて投稿を作成。社内の他の部署の人も巻き込みながらネタを集めています。
投稿内容
人気の商品やカタログの紹介など。Cupopはモデルがツイートしてくれるので、そこからの拡散効果が強いです。宣伝ばかりにならないように、本社のある四国の話題も投稿。
効果
ソーシャルメディアでダイレクトにお客さんとのコミュニケーションができています。直接のコンバージョンではなく、長い関係構築の末のアシストコンバージョンの効果が高いです。

つぶやきデスク 導入事例 トップへ


お問い合わせはこちら。
support@twdesk.com

株式会社ディノス・セシール様 ページ一番上へ