ランスタッド株式会社様

「つぶやきデスク」では、多くの企業様にご利用いただいております。ご利用いただいている企業様の声を一部ご紹介します。



Facebookはブランディング、Twitterはリアルタイム求人情報配信と異なる目的を設定。運用方法も目的にあわせた形に。

Twitterは全拠点60アカウントを運用。つぶやきデスクのマニュアルを作成し拠点に配布。

つぶやきデスクを選んだ決め手

60アカウント全てを1つの画面から管理できるツールを探していた時に、アユダンテ営業担当者から紹介された。

オフィスごとに承認フローがあること、さらに本社からも承認ができることが決め手に。また、解析機能もあり、ニーズにぴったりだった。

こんなところが助かるつぶやきデスクの機能

ツイートごとに、クリック数、RT数、お気に入り数から効果測定をしている。本社のアカウントだけでなく、他拠点の効果分析も管理画面からそれぞれ確認できるので、助かっています。

ランスタッド株式会社様のインタビュー記事は以下よりご覧いただけます。
ツイートするたびにフォロワーが減っていく……ターゲットを重複させないソーシャル戦略/ランスタッド

ランスタッド株式会社 様


ランスタッド株式会社
マーケティング&コミュニケーション本部 部長
奥富 毅人氏


ランスタッド株式会社
マーケティング&コミュニケ―ション本部 WEB企画室
柳川 しのぶ氏

運用の目的
Facebookは認知度向上のためのブランディング、Twitterは拠点、職種別にリアルタイムで求人情報を配信。
運用方式
Facebookの投稿はすべて社内で作成。柳川氏が企画を元にスケジュールを立て、担当者にライティングや画像の用意を依頼。Facebookでは定期的なキャンペーンを開催しエンゲージメントを高めている。Twitterは求人情報をボット的に配信する運用方式。
投稿内容
Facebookでは、幅広く仕事に携わっている人をターゲットに、簡単な英語など仕事に役立つコンテンツ、お弁当のおかずの話、ランスタッドが発信する世界的な仕事の調査結果などを投稿。Twitterでは求人情報を。
効果
短期の仕事の場合ではTwitter経由の応募が5%ほどになっている。無料でボット的な運用で5%のコンバージョンは高いと評価している。つぶやきデスクのヒートマップを見てオンラインの人が多い時間帯を狙ったツイートで効果をさらに高めたい。Facebookページでは直接的な効果よりも、投稿を通して働くことの文化を高めたい。働くことの良さを訴求することによって、あとからランスタッドというブランディングがついていくことを目指しています。

つぶやきデスク 導入事例 トップへ


お問い合わせはこちら。
support@twdesk.com

ランスタッド株式会社様 ページ一番上へ