メンバーを監視するモニター専用リスト

モニター専用リストは、登録されたメンバーがキーワードを呟いた際にお知らせをしてくれる機能です。

このページを印刷する

日本でも、インターネットのインフラがだいぶ普及してきました。
これはインターネットがより一般に浸透してきた証左にもなりますが、同時に「インターネットに詳しくないユーザー」が増加していることも示しております。

「世界中の誰でも見られる」
「即座に世間へ配信される」
「少ない個人情報からの個人特定が可能である」

など、インターネットには独特の特徴もありますが、こういった面に不慣れなユーザーは、時に、予期せぬ問題を起こすことがあります。
そういった問題を起こさないよう、起きた場合に即座に反応できるように、社員やチームメンバーの方のTwitterアカウントをチェックするための機能がモニター専用リストです。

モニター専用リストの使い方

モニター専用リストをご利用いただくには、大きく3つの手続きが必要です。

まず最初にリストを作成する必要があり、その後、そのリストへ監視したいTwitterアカウントを登録します。
そして最後に「つぶやかれた時にお知らせを発信するキーワード」を設定すると、自動的にモニター専用リストが機能を開始いたします。

詳しくは、下記をご参考ください。
なお、右側にある画像をクリックすると、より詳細な画面が見られます。

モニター専用リストの作成方法
  1. つぶやきデスクへ、ユーザーアカウントでログインします。

  2. 右メニューにある「モニター専用リスト」をクリックします。

  3. モニター専用リストの一覧画面が表示されますので、「新しいモニター専用リストを作る」をクリックします。

  4. 「リスト名」と「説明」をそれぞれ入力し、「登録」を押してください。
    なお、この時Twitterからエラーが発生して登録が完了できない場合は、お手数ですが入力した文章を変えて、再度「登録」ボタンを押してみてください。

  5. モニター専用リストの作成が完了しました。
    モニター専用リストは非公開ですので、リストを作成したあなた自身しか見ることはできません。

監視するメンバーの登録方法
  1. モニター専用リストの画面上で、モニター専用リストの右側にある「編集する」ボタンを押すか、または、モニター専用リスト作成後に表示された画面上で、「リストを編集する」リンクをクリックしてください。

  2. リストの編集画面が表示されますので「リストにメンバーを追加する」にある入力欄へ、追加したいユーザーを入力し、「追加登録する」ボタンを押してください。
    なお、一度に複数人のユーザーを登録したい場合は、半角スペース区切りで入力してください。また、一度に登録できるユーザー数は10人までとなっています。

  3. リストへのメンバー登録が完了します。

監視するキーワードの登録方法
  1. モニター専用リストの画面上で、モニター専用リストの右側にある「編集する」ボタンを押すか、または、モニター専用リスト作成後に表示された画面上で、「リストを編集する」リンクをクリックしてください。

  2. リストの編集画面が表示されますので「監視ワードを設定する」にある入力欄へ、監視したいキーワードを入力し、「保存」ボタンを押してください。
    なお、複数のキーワードを登録したい場合は、半角スペース区切りで入力してください。

  3. リストへの監視ワードの登録が完了します。

モニター専用リストの設定が終わりますと、自動でモニター専用リスト機能は登録されたメンバーの監視を開始いたします。

モニター専用リストは検索フォルダ機能を利用していますので、モニター専用リストのログは検索フォルダの画面から確認ができます。
また、「アラートの設定」にある「検索フォルダアラートの設定」へチェックを入れておくと、に登録されたメンバーが監視ワードをつぶやかれた際に登録されたメールアドレスへお知らせが届きます。

モニター専用リストをご利用いただくには

モニター専用リスト機能を使うには、ビジネスコース/エンタープラズコースをご利用中のユーザーアカウントが対象となります。

  • ビジネスプラン、エンタープライズプランのいずれかをご利用のお客様
  • 上記プランをご利用中のユーザーアカウント
    (※個人に紐づく機能ですので、共有アカウントではご利用になれません)

つぶやきデスクの便利な機能 トップへ

つぶやきデスク その他の色々な機能

複数アカウントの切り替えが簡単!詳細を見る→

マルチアカウント機能標準完備。アカウントの切り替えも簡単!

会話のスレッド表示詳細を見る→

他ユーザーとのやりとりを会話の流れで読むことができます。

メンバーへの代理返信依頼ができる詳細を見る→

企業アカウントへの問い合わせ回答を適切な担当者に依頼する、などの運用も可能。

ブログ投稿を自動でつぶやき詳細を見る→

RSSフィード更新で自動でツイート。除外ワードの設定なども可能です。

ハッシュタグ・署名などの定型文登録詳細を見る→

あらかじめ設定した複数の定型文を、投稿時に選んで添付できます。

フォローアカウントのグループ化詳細を見る→

Twitter公式サイトと同期したリスト機能に対応しています。

携帯・スマートフォンからも利用可能詳細を見る→

モバイルでの使い勝手に配慮した、モバイル専用画面をご用意。

日時を指定しての投稿予約が可能詳細を見る→

イベント受付開始のお知らせや締め切り直前の告知などに便利。

即アップロードの簡単な画像投稿詳細を見る→

つぶやきデスク内で簡単に写真などをアップロードできる画像投稿。

ツイート前にリーダーが承認許可詳細を見る→

メンバーのツイート投稿を、リーダーの承認許可制に。

iPhone / Androidアプリから簡単操作詳細を見る→

iPhone/Android端末のスマートフォンでの操作に最適なアプリを提供しています。

ユーザーへメモ書きを追加詳細を見る→

ユーザーへコメント・メモを追加して、チーム内で各ユーザーへの認識を統一。

メールから簡単・即投稿詳細を見る→

メール投稿に対応し、出先からも簡単にメールでツイート対応。

複数タイムラインを同時に見る詳細を見る→

リストなど、複数のタイムラインを同時に並べて一括表示。

Twitterアカウントの分析・解析詳細を見る→

自分のTwitterアカウントの行動分析、投稿したツイートの成果分析など。

キャンペーンなどの応募を集約可能な検索フォルダ詳細を見る→

検索フォルダ機能は、Twitter公式で使用されている1ワード検索よりも非常に高度な詳細検索が可能になります。

Facebookへも、同時・単独投稿可能詳細を見る→

Facebook同時投稿機能は、特定のツイートをFacebookアカウントへ同時に投稿できる機能です。

ツイートのデータをCSVでエクスポート詳細を見る→

投稿したツイートなどをCSV形式でダウンロードができ、Excelなどでの集計が容易になります。

複数ユーザーへDMの一括送信可能詳細を見る→

大量のユーザーへ対して、お知らせなどを一度に送ることができます。

メンバーを監視するモニター専用リスト詳細を見る→

モニター専用リストは、登録されたメンバーがキーワードを呟いた際にお知らせをしてくれる機能です。

見込み顧客へのアクティブサポート詳細を見る→

見込み顧客となりえるユーザーへの、「こちらからの」アクティブなサポートの対応状況を管理する機能です。

SNSのFacebook更新通知機能詳細を見る→

つぶやきデスクはTwitter以外にも、SNSのFacebookのお知らせを見ることができます。

mixiへも同時・単独投稿可能詳細を見る→

同時投稿・単独投稿機能は、特定のツイートをmixiボイスやmixiページヘ投稿できる機能です。


メンバーを監視するモニター専用リスト ページ一番上へ