他のユーザーとやりとりをするには?

Twitterで他のユーザーとやり取りする方法についてご説明いたします。

Twitterで他のユーザーとやり取りするにはリプライ、RT(リツイート)、DM(ダイレクトメッセージ)といった方法があります。

ツイート内に相手のTwitterアカウントを「@」マーク付きで発言することをリプライ、
誰かの発言を転載・引用することをRT(またはQT)、
他者に見えないよう、メールのようにメッセージを送ることをDMと呼びます。

リプライ(@ / mention)

特にTwitterでのコミニュケーションで主に利用されるのは、リプライによる会話・やりとりになります。
自分宛のリプライはタイムライン上などで他のツイートよりも目立つ表示となり、「自分宛のメッセージである」ことがわかります。その自分宛のリプライに対して「返信」することで、また相手へ向けてのリプライとなり、お互いにリプライをやり取りすることで、Twitterユーザー同士の会話になるわけです。
なお、リプライでのやりとりは、Twitterアカウントが「公開」設定になっている場合、他のユーザーからも見ることができるようになっています。

リツイート(RT / QT)

他のツイートを転載・引用することをリツイートと呼びます。
リツイートは、一般的に「公式リツイート」と「非公式リツイート」と呼ばれている2つの種類があります。

公式リツイート

公式リツイートはTwitterから提供されている機能で、他のツイートを「そのまま」転載する仕組みです。
公式アカウントからのお知らせや面白いネタ情報などに対し、「他の人にも広めたい!」という目的で使用されることが多いです。

非公式リツイート

非公式リツイートは、他のツイートを「手動でコピー&ペーストして」引用する仕組みです。引用文の冒頭には「RT」または「QT」という文字列を入れることが一般的です。
任意のツイートを「引用文として」複製し、それに対して一言二言添えるために使われているのが主流です。

ダイレクトメッセージ(DM)

ダイレクトメッセージは、タイムライン上へ流れない、非公開の状態で送信するメッセージです。
送り先のユーザー以外には見ることができない仕組みですので、プライベートに関わる内容などをやりとりすることが多いようです。

なお、ダイレクトメッセージは「フォローされているユーザー」にしか送ることができません。

つぶやきデスク ヘルプ トップへ


他のユーザーとやりとりをするには? ページ一番上へ