カルビー株式会社様

「つぶやきデスク」では、多くの企業様にご利用いただいております。ご利用いただいている企業様の声を一部ご紹介します。



時代に合わせて、若いユーザーとの気軽なコミュニケーションをしたいとソーシャルメディアを開始。

サントリー社の運用事例を見てTwitterの運用を開始。つぶやきデスクの導入も決定!

つぶやきデスクを選んだ決め手

Web担当者フォーラムに掲載されたサントリー社の運用事例を見て、コーポレートのTwitterアカウントの運用の可能性に気づく。日本製で使いやすそうだということと、料金体系がシンプルなこと、また画面も見やすく使いやすいということから選びました。

こんなところが助かるつぶやきデスクの機能

予約投稿で投稿設定をしています。効果測定で確認できるTwitterの拡散効果を他の部署の担当者に資料として提供することも。フォロワーの活動時間が見られるので、投稿時間をあわせるなど運用に役立てています。

カルビー株式会社様のインタビュー記事は以下よりご覧いただけます。
オウンドメディア歴10年のカルビーがソーシャルメディアをはじめた理由を聞いてみた

ご担当者様


カルビー株式会社
コーポレートコミュニケーション本部
広報部 Webリレーション課 課長
谷兼 興一氏


カルビー株式会社
コーポレートコミュニケーション本部
広報部 Webリレーション課
伊藤 奈美子氏

Twitterアカウント
Calbee(カルビー)公式(@calbee_jp)
Facebookアカウント
Calbee カルビー

運用の目的
10年以上前から消費者との双方向のコミュニケーションの場としてオンラインコミュニティを運用してきたが、ソーシャルメディアの登場でコミュニケーションの質が変わったため、気軽なコミュニケーションを通したファンづくりを目指して運用を開始。
運用方式
Facebookは代理店と協力しながら自社でもコンテンツを作成しアップ。Twitterは現状ではテスト段階だが、反応もよく拡散効果を感じているので新年度より本格運用を開始。Twitterは週末に翌週のコンテンツを決め、予約投稿でツイートを設定している。
投稿内容
商品の情報は反応がよい。Facebookではコメントで参加できるキャンペーンを実施してエンゲージメントを高めている。Twitterではコーポレートとしてブランド横断的な商品情報を発信。
効果
つぶやきデスクで、フォロワーのリツイートの結果ツイートがどれくらいの人に届いたかをチェックしている。またフォロワーの増減のタイミングなどがわかるのがよい。

つぶやきデスク 導入事例 トップへ


お問い合わせはこちら。
support@twdesk.com

カルビー株式会社様 ページ一番上へ