株式会社ネクスト様

「つぶやきデスク」では、多くの企業様にご利用いただいております。ご利用いただいている企業様の声を一部ご紹介します。



Twitterはバズの起点。KPIはコミュニケーション量。

Twitterで会話するときに、過去のやり取りをチェックして、つながりが感じられるコミュニケーションを実現。

つぶやきデスクを選んだ決め手

導入当時は、Twitter経由のサイト流入を測定したかったため、URLのクリックをカウントできるツールを探していた。要望を受けてつぶやきデスクが、トラッキングコードを自動付与する機能を追加したので導入。

こんなところが助かるつぶやきデスクの機能

ユーザーさんがリプライをくれたときに、そのユーザーさんのフォロー歴や過去のやりとりが表示され、その人との過去の接点を確認できることです。リプライに、前はこんな話をしたねということを入れたり、前に探していた物件の相談を含めて返信したり、ユーザーさんとより深いコミュニケーションを取れるのがいいですね。

株式会社ネクスト様のインタビュー記事は以下よりご覧いただけます。
愛されるゆるキャラ「ホームズくん」のTwitter運用。ユーザーとのコミュニケーションを目指すHOME’S

ご担当者様


株式会社ネクスト
HOME’S事業本部 藤田未来氏(右)
HOME’S PR担当 ホームズくん(左)

Twitterアカウント
ホームズくん
Facebookページ
HOME’S(ホームズ)

運用の目的
いざ住み替えになったときに、HOME‘Sを想起してもらうことを目指して、日常的にコミュニケーションをとり続けること。
運用方式
2011年より、キャラクターホームズくんがつぶやいている運用に。
投稿内容
元気でかわいいホームズくんの口調で「今日は何の日」をツイートしたり、おもしろい物件を紹介している。Facebookでは、会社としてお知らせしたいことを広報担当者としてツイート。
効果
新しいCMを放送して話題になったときに、情報の受け手として、Twitterのアカウントがあることに効果を感じている。
日々の運用では、つぶやきデスクでわかるツイートの反響を見ながら、PDCAをまわしている。ポジティブなツイートをユーザーからもらったときは、社内に共有している。

つぶやきデスク 導入事例 トップへ


お問い合わせはこちら。
support@twdesk.com

株式会社ネクスト様 ページ一番上へ