Google Analyticsを利用したTwitterの効果測定で注意すべきことはありますか?

Google Analyticsを利用したTwitterでの効果測定テクニックをご紹介します。

Webサイトのアクセス解析に使われるGoogle アナリティクスを、Twitterでも活用する際の解説です。

なお、Twitterは外部サイトにあたる上、TwitterアカウントのページにJSをリンクさせることができないため、
「TwitterアカウントのページのPVなどをGoogle アナリティクスで見たい」
などのような利用は、できません。

その都合上、Google アナリティクスをTwitterの解析に利用する用途としては「ツイートに含めたURLのコンバージョンの解析」になります。
TwitterでURLをつぶやく際にはGoogle アナリティクスへログインし、URLを生成して、そのURLをTwitterでつぶやくことで、そのURLを経由したユーザーのコンバージョンなどを調べる、という流れです。

設定方法

Google Analyticsを利用したTwitterの効果測定の設定方法は次のとおりです。

  1. TwitterでつぶやくURLにGAで解析するためのパラメータをURL生成ツールを用いて設定します。
    おすすめパラメータは、“?utm_source=tw_YYMMDD&utm_medium=twitter”(YYMMDDには日付を入れます)
  2. 実際に利用する際は、生成されたURLをbit.lyで短縮し、ツイートします。

閲覧方法

Google Analyticsを利用したTwitterの効果測定の閲覧方法は次のとおりです。

  1. Google Analyticsの左メニューから「トラフィック」を選択し、さらに「すべてのトラフィック」を選択します。
  2. 出力されたレポートの下部にある検索フォームで、設定したキャンペーンのソース(例:tw_)で絞り込めば、Twitter経由の流入分析が可能です。

つぶやきデスク ヘルプ トップへ

Google Analyticsを利用したTwitterの効果測定で注意すべきことはありますか? 関連ページ


Google Analyticsを利用したTwitterの効果測定で注意すべきことはありますか? ページ一番上へ