キャンペーンなどの応募を集約可能な検索フォルダ

検索フォルダ機能は、Twitter公式で使用されている1ワード検索よりも非常に高度な詳細検索が可能になります。

このページを印刷する

キャンペーンの応募や特定のハッシュタグなどを検索してフォルダに集約できます

「特定のハッシュタグをつけて発言したユーザーを対象にキャンペーンを行いたいが、集計方法がない」
「通常の1ワード検索では上手に特定のツイートを閲覧できない」
「呼び名が複数あるこの商品について、ユーザーの評判を集めて、あとから調べたい」
そういった場合に効果を発揮するのが、つぶやきデスクの検索フォルダ機能です。

検索フォルダ機能は、Twitter公式で使用されている1ワード検索よりも非常に高度な詳細検索が可能で、さらに検索結果をCSV形式でダウンロードができます。
また、タイムライン上のツイートを自分宛のリプライのみで絞り込む、などの操作も可能で、例えば「自分宛に自社製品の改善点や要望をつぶやいてくれたユーザーを対象にキャンペーンを行う」なども容易に実現可能です。

検索フォルダでは、以下の検索機能が行えます。

  • 複数ワードでの検索(一つ目のキーワードは必須で、残り2つまで指定可能です)
  • ツイートの種別による絞り込み
    (Twitter上に流れるツイートを検索することも可能ですし、共有アカウントのタイムラインに特定することも可能です。また@での投稿、DMでの投稿を絞ることも可能です)

なお、検索フォルダを使用するには、ビジネスプラン、エンタープライズプランをご利用頂き、最初に検索条件などの「設定を作成する」必要があります。

検索フォルダの画面
検索フォルダの検索結果画面
検索フォルダの設定画面
検索フォルダの設定画面
検索フォルダの使い方

マルチタイムライン画面(ベータ版)での
検索フォルダ機能の使い方

  1. 新規パネルを開く
  2. 共有アカウント内メニューの「検索フォルダの新規作成」をクリック
  3. 表示されたダイアログへ、フォルダ名や検索条件を入力
  4. ダイアログ下部の「設定を保存する」をクリックして、作成完了
  5. (Twitter全体から検索する場合は30分毎に更新)

作成された検索フォルダは、新規パネルから表示させることができるようになります。

通常画面での検索フォルダ機能の使い方

  1. 共有アカウントに切り替える
  2. 右ナビのメニューから、「検索フォルダ」をクリック
  3. 「検索フォルダを作成する」をクリック
  4. 新規検索フォルダの作成ページが開かれるので、検索条件を入力
  5. ページ下部の「登録」をクリックして、作成完了

作成された検索フォルダは、右ナビのメニューから表示させることができるようになります。

作成された検索フォルダの検索条件を変更するには、変更したい検索フォルダを開き、上部の「保存された検索設定条件を表示する」をクリックすると現在の検索条件が表示されます。その右上にある「編集する」をクリックし、設定変更してください。

検索フォルダに設定できる検索項目
  • 検索するキーワードやハッシュタグ
    (必須のキーワード1件と追加で2つのキーワード(含む/含まないの指定可))
  • 検索する期間(時限的なキャンペーンなど)
  • 検索対象とするエリア
    (Twitter全体から検索する / 共有アカウントのタイムライン / さらに@ か DM)
  • 検索するツイートが@やDMの場合は、同時に未読フォルダにも入りますが、同時に既読にするかしないかの設定
ダウンロードしたCSVに含まれる内容
  • 投稿日時
  • 種別(ツイート/ダイレクトメッセージ)
  • Twitterアカウント
  • 名前
  • ツイート内容

検索対象がタイムラインの場合、以下の項目が追加で出力されます。
(検索対象がTwitter全体からの場合、出力されません)

  • ツイート数
  • フォロワー数
  • フォロー数
  • お気に入り登録数
  • プロフィール
  • 場所
  • WEB
検索フォルダの今後実装予定の機能

下記の各種機能を近日中に実装予定です。

  • ユーザー属性による絞り込み
  • 自動応答メッセージ
つぶやきデスクの検索フォルダ機能をご利用いただくには
  • ビジネスプラン、エンタープライズプランのいずれかをご利用のお客様

つぶやきデスクの便利な機能 トップへ

つぶやきデスク その他の色々な機能

複数アカウントの切り替えが簡単!詳細を見る→

マルチアカウント機能標準完備。アカウントの切り替えも簡単!

会話のスレッド表示詳細を見る→

他ユーザーとのやりとりを会話の流れで読むことができます。

メンバーへの代理返信依頼ができる詳細を見る→

企業アカウントへの問い合わせ回答を適切な担当者に依頼する、などの運用も可能。

ブログ投稿を自動でつぶやき詳細を見る→

RSSフィード更新で自動でツイート。除外ワードの設定なども可能です。

ハッシュタグ・署名などの定型文登録詳細を見る→

あらかじめ設定した複数の定型文を、投稿時に選んで添付できます。

フォローアカウントのグループ化詳細を見る→

Twitter公式サイトと同期したリスト機能に対応しています。

携帯・スマートフォンからも利用可能詳細を見る→

モバイルでの使い勝手に配慮した、モバイル専用画面をご用意。

日時を指定しての投稿予約が可能詳細を見る→

イベント受付開始のお知らせや締め切り直前の告知などに便利。

即アップロードの簡単な画像投稿詳細を見る→

つぶやきデスク内で簡単に写真などをアップロードできる画像投稿。

ツイート前にリーダーが承認許可詳細を見る→

メンバーのツイート投稿を、リーダーの承認許可制に。

iPhone / Androidアプリから簡単操作詳細を見る→

iPhone/Android端末のスマートフォンでの操作に最適なアプリを提供しています。

ユーザーへメモ書きを追加詳細を見る→

ユーザーへコメント・メモを追加して、チーム内で各ユーザーへの認識を統一。

メールから簡単・即投稿詳細を見る→

メール投稿に対応し、出先からも簡単にメールでツイート対応。

複数タイムラインを同時に見る詳細を見る→

リストなど、複数のタイムラインを同時に並べて一括表示。

Twitterアカウントの分析・解析詳細を見る→

自分のTwitterアカウントの行動分析、投稿したツイートの成果分析など。

キャンペーンなどの応募を集約可能な検索フォルダ詳細を見る→

検索フォルダ機能は、Twitter公式で使用されている1ワード検索よりも非常に高度な詳細検索が可能になります。

Facebookへも、同時・単独投稿可能詳細を見る→

Facebook同時投稿機能は、特定のツイートをFacebookアカウントへ同時に投稿できる機能です。

ツイートのデータをCSVでエクスポート詳細を見る→

投稿したツイートなどをCSV形式でダウンロードができ、Excelなどでの集計が容易になります。

複数ユーザーへDMの一括送信可能詳細を見る→

大量のユーザーへ対して、お知らせなどを一度に送ることができます。

メンバーを監視するモニター専用リスト詳細を見る→

モニター専用リストは、登録されたメンバーがキーワードを呟いた際にお知らせをしてくれる機能です。

見込み顧客へのアクティブサポート詳細を見る→

見込み顧客となりえるユーザーへの、「こちらからの」アクティブなサポートの対応状況を管理する機能です。

SNSのFacebook更新通知機能詳細を見る→

つぶやきデスクはTwitter以外にも、SNSのFacebookのお知らせを見ることができます。

mixiへも同時・単独投稿可能詳細を見る→

同時投稿・単独投稿機能は、特定のツイートをmixiボイスやmixiページヘ投稿できる機能です。


キャンペーンなどの応募を集約可能な検索フォルダ ページ一番上へ