Twitterとは何ですか?

Twitterについてご説明します。

Twitterとは

Twitterとは、
「お昼ご飯をどこどこで食べた。美味しかった!」
「タンスの角に足の小指をぶつけて悶絶してる。マジ痛い……。」
などのような日々のつぶやきのメッセージを、最大140文字以内という制限のつけて投稿するシステムです。

投稿されたメッセージは「ツイート」と呼ばれ、「この人(アカウント)のつぶやき(ツイート)をもっと見たい」という場合にはそのアカウントをフォローする(連携の設定をする)ことで、自分のアカウントのタイムラインと呼ばれる画面へ、フォローしたアカウントのツイートを表示させることができるようになります。
こうして、1アカウント=1ユーザー同士が相互に繋がり、個人個人のメッセージを手軽に配信/取得できることから「手軽な個人メディアのツール」として世界中に普及しました。

Twitterは、2006年7月に米国のObvious社(現在のTwitter社)が開始されました。
日本では、デジタルガレージグループがTwitterに出資・支援を発表した2008年1月以降に本格的に普及が進んでおり、Facebookと並び、世界中で広く利用されているソーシャルメディアの成長筆頭株と言えます。
最近では個人だけでなく、企業や店舗などでの「情報配信の1手段として」または「ユーザー(顧客)との交流のため」の活用事例も増え始めています。

1日につぶやかれるツイート数の変遷

サービスが開始された2006年末には、5,000ツイート/日であった1日につぶやかれる回数は、年々幾何級数的に増加を続けています。

2007年末には300,000ツイート/日(前年比60倍)、
2008年末には2,500,000ツイート/日(前年比8.3倍)、
2009年末には35,000,000ツイート/日(前年比14倍)、
2010年現在では1日のツイート数は、5500万回を超えたという発表もあります。

日本におけるTwitterの利用状況

Twitterの日本からの訪問者数は、国内ナンバー1 SNSであるmixiを捉えるスピードで急成長しています。最近では、テレビでも頻繁にTwitterの話を聞くようになりました。
有名人がTwitterに参加したことやソフトバンク社のTwitter対応携帯などの恩恵を受けて、認知率が高まっているものと思われます。

また、イベントや事故・災害の現場などから個人が容易に情報を発信できるようになったため、最近ではそれらの情報収集が目的で利用を始めるユーザーも増えてきているようです。

つぶやきデスク ヘルプ トップへ

Twitterとは何ですか? 関連ページ


Twitterとは何ですか? ページ一番上へ