共有アカウントとユーザーアカウントってどう違うんでしょうか?

つぶやきデスクでTwitterアカウント登録時に選択する、「共有アカウント」と「ユーザーアカウント」の区分についてのご説明です。

共有アカウントとは、複数人のメンバーで共有するアカウントです。
例えば企業やお店などのTwitterアカウントを指し、複数人のチームメンバーで代わる代わる情報を発信するためのTwitterアカウントになります。

それに対して、ユーザーアカウントとは、つぶやきデスクにログインするチームメンバー個人のTwitterアカウントになります。
ユーザーアカウントでつぶやきデスクにログインすると、そのユーザーアカウントに紐づけられた共有アカウントを操作し、ツイートの投稿やリプライなどをすることが可能です。

共有アカウントの特徴

  • 複数人で共有して使用するTwitterアカウントです。
  • 紐づけられたユーザーアカウントが、共有アカウントを操作できます。

ユーザーアカウントの特徴

  • つぶやきデスクを利用するユーザー一人一人の、個人のTwitterアカウントです。
  • つぶやきデスクにログインすると、紐づけられた共有アカウントの操作ができます。
  • 同じ共有アカウントに紐づけられた他のユーザーアカウントへ代理返信依頼ができます。

共有アカウントとユーザーアカウントの設定例

飲食店の例
  • 共有アカウント:○○レストラン 浜松町支店
  • ユーザーアカウント:ヤマダ(店長)、サトウ(副店長)、ミウラ(シェフ)
会社の例
  • 共有アカウント:株式会社○○
  • ユーザーアカウント:ヤマダ(社長)、サトウ(部長)、ミウラ(営業)
Webサイトの例
  • 共有アカウント:オンライン通販【○○モール】
  • ユーザーアカウント:ヤマダ(店長)、サトウ(営業)、ミウラ(販売担当)

つぶやきデスク ヘルプ トップへ

共有アカウントとユーザーアカウントってどう違うんでしょうか? 関連ページ


利用について

共有アカウントとユーザーアカウントってどう違うんでしょうか? ページ一番上へ