ツイート前にリーダーが承認許可

メンバーのツイート投稿を、リーダーの承認許可制に

つぶやきデスクは、1つのTwitterアカウントを複数人で扱う、チームのためのTwitterクライアントです。
同じTwitterアカウントを使用するチームメンバーに対して、リーダー権限を与えることができます。
リーダーが存在する場合、メンバーのツイート投稿前に、リーダーによる承認/非承認のチェックが行えるようになります。

リーダーの承認・許可機能の使い方

右側の小さな画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。

グループ管理での設定方法

  1. 新規登録 (グループ登録) 時に指定した「連絡先メールアドレス (つぶやきデスクログインID)」で、「設定画面」にログインします。

  2. 共有アカウントの設定ページで、リーダー権限を付与したいメンバーに対して王冠マークに上矢印のあるボタンをクリックします (承認権限を 2段階にすることもできます)。
    ここまでで、リーダーの承認機能の使用準備ができました。

申請する方法

  1. 投稿を作成 (申請) するユーザーアカウントでログインします。
  2. 共有アカウントの [投稿画面] をクリックします。

  3. 承認権限のあるメンバーがいる場合、他メンバーはツイートの [投稿(プレビュー)] ボタンが [投稿申請(プレビュー)] になります。また、リーダーに承認を依頼する際、リーダー宛にメモを添えることができます。

  4. [投稿申請(プレビュー)] → [投稿申請] をクリックします。
    (「一回きり」「毎週」「毎月」は、[投稿予約申請(プレビュー)] ボタン → [投稿予約申請] になります。)
    申請が完了しました。

承認する方法

  1. リーダー (承認するユーザーアカウント) でログインします。
  2. 共有アカウントの [申請されたツイート] をクリックします。

  3. 申請されたツイートはこちらに表示されます。
    ツイートの [投稿](※1)、または [・・・](※2) ボタンから申請されたツイートに対するアクションを決定します。

  4. 予約の場合、「日時指定投稿一覧」に表示されます。
    拒否の場合、ツイートは申請者に返されます。

※1) “いますぐ” の場合、[投稿] ボタン、日時を指定したツイートの場合は、[予約] ボタンが表示されます。
※2) 「拒否」「削除」「編集」「メモ追記」が選択できます。

活用例

リーダーの承認機能の活用例です。ご参考になさってください。

  • 会社などの共有アカウントからのつぶやきを、例えばアルバイトの方が通常運用されていて、必ず上長やリーダーが確認する必要がある場合
  • Twitter運用を、外部の運用代行業者様に依頼しているようなケースで、一つ一つのつぶやきの確認をする必要がある場合

など……

リーダーの承認許可機能をご利用にあたっての注意事項

  • 本機能は、「ビジネス」「エンタープライズ」のいずれかのプランのお客様が、ご利用になれます。
  • 複数のアカウントを「設定画面」(グループ管理) で登録する必要があります。