キャンペーンなどの応募を集約可能な検索フォルダ

キャンペーンの応募や特定のハッシュタグなどを検索してフォルダに集約できます

キャンペーンの応募や特定のハッシュタグなどを検索してフォルダに集約できます。
「特定のハッシュタグをつけて発言したユーザーを対象にキャンペーンを行いたいが、集計方法がない」
「呼び名が複数あるこの商品について、ユーザーの評判を集めて、あとから調べたい」
そういった場合に効果を発揮するのが、つぶやきデスクの検索フォルダ機能です。

検索フォルダ機能を使えば、検索オプションを付加した詳細検索が可能で、さらに検索結果をCSV形式でダウンロードができます。
また、タイムライン上のツイートを自分宛のリプライのみで絞り込む、などの操作も可能で、例えば「自分宛に自社製品の改善点や要望をつぶやいてくれたユーザーを対象にキャンペーンを行う」なども容易に実現可能です。

検索フォルダでは、以下の検索機能が行えます。

  • 複数ワードでの検索 (一つ目のキーワードは必須で、残り2つまで指定可能です)
  • ツイートの種別による絞り込み

検索フォルダ機能の使い方

右側の小さな画像をクリックすると、大きな画像を見ることができます。

グループ管理での設定方法

  1. 新規パネルを開きます。
  2. 共有アカウント内メニューの [検索フォルダの新規作成] をクリックします。

  3. 表示されたポップアップで、フォルダ名や検索条件を入力します。
  4. [設定を保存する] をクリックすると、作成は完了です。

つぶやきデスクの管理画面

作成した検索フォルダは、新規パネルに表示されます。


つぶやきデスクの管理画面

検索フォルダの検索条件を変更するには、変更したい検索フォルダを開き、上部の [保存された検索設定条件を表示する] をクリックすると現在の検索条件が表示されます。その右上にある [編集する] をクリックし、設定変更します。

検索フォルダに設定できる検索項目

  • 検索するキーワードやハッシュタグ(必須のキーワード1件と追加で2つのキーワード (含む/含まないの指定可))
  • 検索する期間(時限的なキャンペーンなど)
  • 検索元(Twitter全体から / @ と DM から / @ から / DM から)
  • オプション機能(自動で既読※1 / 新着を要対応※2)
    ※1) 検索するツイートが@やDMの場合は、同時に未読フォルダにも入りますが、同時に既読にするかしないかを設定できます。
    ※2) 新着ツイートを対応済みにするかしないかを設定できます (要対応にすると (要対応: x件) の数が更新されます)。

ダウンロードした CSV に含まれる内容

  • 投稿日時
  • 種別(ツイート/ダイレクトメッセージ)
  • Twitterアカウント
  • 名前
  • ツイート数
  • フォロワー数
  • フォロー数
  • お気に入り登録数
  • プロフィール
  • 場所
  • WEB
  • ツイート
  • URL
  • フォローしている
  • フォローされている
  • ツイート(URL展開済み)
  • クエリ

検索フォルダ機能をご利用にあたっての注意事項

  • 本機能は、「ビジネス」「エンタープライズ」のいずれかのプランのお客様が、ご利用になれます。
  • 最初に検索条件などの「設定を作成する」必要があります。